おすすめレストラン(国内外)「福岡「まくり」」

2018年12月25日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ニュースレター No.97 (関様/SCD2国内分科会委員)   (テーマ:「おすすめレストラン(国内外)」)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん こんにちは
ニシム電子工業 関です

昨年より、新たな取り組み(新事業)にたずさわっており
国内のいろいろな場所への出張が多いため、
出張がある度にその土地の名物や旬のものを
食すことを楽しみにしています。
特に、お酒が飲めない私にとっては、「食べること」を
楽しみにしています。

さて、テーマでもあります“おすすめのレストラン”ですが
皆さんが九州に来られることを期待して、福岡のお店を
ご紹介したいと思います。

福岡で“麺”といえば、みなさん、「とんこつラーメン」を
想像されると思います。
よって、美味しいとんこつラーメン店を聞かれることが
多いですが、意外と福岡では、ラーメン店よりもうどん店のほうが店舗が多いのは
ご存知でしょうか?
諸説あるようですが、博多はうどん伝来の地といわれており、承天寺に「饂飩蕎麦発祥之地」の石碑がたっています。
博多のうどんは、ふわふわとしてコシの弱い麺で柔らかいのが特徴で、
讃岐系のコシの強いうどんが好きな方には好まれないうどんかもしれません。

今回は、とんこつラーメンでもなく、博多うどんでもない麺を紹介します。
福岡市早良区にある「黄金の福ワンタン まくり 飯倉本店」
雲吞(ワンタン)麺専門店で開業されたお店ですが
ツルツルと歯切れのよい麺と旨味が凝縮した“鶏清湯スープ”を
ベースとして数ある具材をトッピングしたさまざまな50種類以上の
中華そば特徴です。
名物は「福ワンタン麺」ですが、私は、“酸辣麺(スーラー麺)”のほうが
大好きです。最近、辛い麺がはやっていますが、
この酸辣麺は、汗が止まらないほど発汗作用を刺激される旨味あるとびきりの“辛さ”、
白酢と黒酢の絶妙な酸味で、絶品です。
たまには担々麺も、、、、
お店は早良区にあるため、なかなか行けず、店内も7名ほどのカウンター席と2名席が3つほどしかない狭いお店のため、お昼時は行列ができることも、、、
一度食べるとやみつきになるラーメンです。

そんな「まくり」ですが、なんと、昨年(2017)福岡空港ターミナルビル2階の
フードホール「the foodtimes」に出店し、「スーラーメン まくり」として
酸辣麺(スーラー麺)をはじめ、坦々麺、雲吞麺など一部の麺メニューを
食べることができます。

皆様、福岡へ来られる際は、ぜひ、「スーラーメン まくり」で、、、
辛麺系を食べる際は、ハンカチやハンドタオルを忘れずに!

(文責: 関/ニシム電子工業株式会社)